膝の靭帯損傷の症状と治療についてのサイトです。

膝の靭帯について

膝関節には、4本の靭帯がクロスするような形で膝を安定するように支えています。左右には内側側副靭帯と外側側副靭帯の2本が交差し、膝関節の左右の動きを制限しています。そして膝の裏側で前十字靭帯と後十字靭帯の2本が交差して、膝関節の前後の動きを制限しています。

内側側副靭帯は、膝関節が外側に反る動きを抑制しています。対して外側側副靭帯は、膝関節が内側に剃る動きを制限しています。前十字靭帯は、膝から下の脛骨が体の前方へズレないよう制限しています。対して後十字靭帯は膝から下の脛骨が体の後方へズレないよう制限しています。

事故やスポーツなどによる外傷で起こる損傷は、前十字靭帯が多く、次いで内側側副靭帯、後十字靭帯は稀に、外側側副靭帯はごく稀に起こります。体の動きからして膝は外反よりも内反する動きの方が多い事や、膝は後方より前方からの方が、内側より外側へ向けての方が、外力が働くケースは少ないからです。

靭帯を損傷すると、損傷した靭帯によって症状は少し変わるものの共通して起こるのは膝のぐらつきです。どの靭帯を損傷した場合 でもこれについては同じですが、後十字靭帯を損傷した場合は自覚されないケースもあります。損傷していても当人が気付かず、しばらくの間放置されていたと いう話も少なくありません。後十字靭帯を損傷しても、そこまで動きに支障を来たさないこともある為です。こうして靭帯損傷を放置していると、変形性膝関節症に進行してしまう恐れもあるので、注意が必要です。

sponsored link

膝の靭帯損傷の症状

よく靭帯損傷と言う言葉を耳にしますが、意味としては何本かの靭帯が切れてしまったもしくは傷がついてしまった状態と思われています。実際は伸びた状態も含めて靭帯損傷と言います。ですので、捻挫も靭帯損傷に分類されるわけです。しかしながら靭帯の繊維自体にそれほどの伸縮機能はなく、微量の繊維が骨から剥離してしまった場合が、いわゆる伸びたと言われている状態ということです。

靭帯損傷は通常単独の靭帯で起こりますが、関連している複数の靭帯が同時に、または影響して損傷することもあります。これを複合靭帯損傷と言います。膝関節を例に挙げると、内側側副靭帯を損傷した際に前十字靭帯も損傷しているケースは少なくありませんし、足首を例に挙げると前距腓靭帯と踵腓靭帯を同時に損傷しているケースも珍しくはありません。複合靭帯損傷の場合はほとんどが関節は不安定になり、通常の関節の動きは全く出来なくなります。足や膝であれば、歩行するのも難しいほどグラグラで安定することはありません。

また靭帯損傷を放置していると、次第に進行して変形性関節症まで発展してしまうこともあります。膝であれば変形性膝関節症、足首であれば変形性足関節症と呼ばれていて、関節の変形に伴って様々な障害を起こす病気です。場合によっては軟骨が擦り減って完全に関節としての機能が失われてしまう場合もあるほどです。こうならないよう、靭帯を損傷した場合はしっかりと治療することが重要です。

膝の靭帯損傷の治療

靭帯を損傷した時の治療法は程度によってさまざまですが、どのような状況下においてもRICE処置は欠かせません。Rest=安静、Ice=冷却、Compression=圧迫、Elevation=挙上、の4項目の頭文字を取って名付けられた治療法で、それぞれに大きな効果があります。受傷後は緊張と共に脈拍が上がり血流が速くなるので、これらを抑えるための最適な応急処置です。

まず軽い程度の損傷では、早急に冷やしテーピング等で固定し安静にします。このとき注意する点として、後々患部が腫れてきた時に圧迫しすぎない程度にきつくは巻かないようにします。内出血の疑いがあれば患部を心臓よりも上に挙げて、血のめぐりを遅くしてそれ以上の出血を抑えましょう。そして靭帯が部分的に切れてしまっている場合でも、上記の治療法で自然治癒が見込めますが、場合によってはギプスを使用して長期間固定をしなくてはならない事もあります。特に痛みや腫れがある内は、歩く事や立つ事も出来るだけ避け安静にしておきましょう。完全に断裂している場合は応急処置も重要ですが、完治を見込むには適切な治療が必要です。靭帯が断裂してしまったら、自然治癒に任せるか再建手術を行うかの選択に迫られます。近年では医療技術の進歩によって自然治癒に関する好成績が認められてきた事もあり、手術を選択しないケースが増えてくるようになってきました。

切れた靭帯が時間が経つことで周辺の筋組織に吸収されて、靭帯そのものがなくなってしまうこともありますが、患部の靭帯が多少無くなってしまっても、体の違う部位から移植してくる事ができます。特にふくらはぎ等の強い靭帯を移植すれば、怪我をする前よりも強靭な関節になる事も多々あります。

靭帯の手術は受傷後すぐには施しません。患部が炎症を起こしている状態で手術を行うことは危険で、炎症がひどくなり化膿や感染症を引き起こしやすくなる為です。炎症が治まってからの手術になるので、1週間から2週間は最低でもかかるでしょう。手術自体は数時間で終わりますが、手術をしたからといってすぐに歩行や運動が出来るわけではありません。再建手術を行った後は、必ず筋力が衰えるとともに移植した靭帯自体も弱まっているので、スポーツなどの激しい運動が無理なく出来るまで回復するには、少なくとも術後3ヶ月はかかるでしょう。医師の診断をもとに適度なリハビリを行って、出来る限り早期回復を目指しましょう。

但し、どのような場合においても応急処置後には極力医療機関で診療してもらい、適切な治療を受けるようにしましょう。

sponsored link

お役立ちサイト

【背中の痛み.com】~左右の背部痛と原因~

背中の痛みについて、左右の背部痛について、背中の痛みの原因について、又は痛みの原因となる全身の病気についてなど詳しく説明している「背中の痛み専門情報サイト」です。